スポンサーリンク

comico【傷だらけの悪魔】第164話『些細』のネタバレと感想。舞と舞の母はコミュニケーション不足である。

2017/9/2 に2話更新された【傷だらけの悪魔】の
第164話と第165話。

ついについに、主人公の舞ちゃんの心の闇の話が
始まりましたね!!(>_<)

待ってたよ~~~~!!!!

舞ちゃんのお話がひと段落したら、
やっと物語が大きく動きそうな予感がします。

では、さっそくあらすじを書いていきますよ!
※以下、ネタバレを含みます。読みたくない方は
ブラウザを閉じてくださいね!!

スポンサーリンク

【傷だらけの悪魔】第164話『些細』のネタバレ

舞は部屋に閉じこもり、ベッドにうつ伏せになっている。
ドアの外では、舞の母が、冷静に話し合おうとしている。

舞の母『伊藤君のおうちに、謝りに行ってきたわ。怪我はしているけど元気出そうよ。
本人には会えなかったけど、ご両親と話したの。あんたの口から直接事情を
聞きたいとおっしゃっていたわ。話してくれない?舞』

舞は、返事をしない。

舞の母『意地になっても、何も解決しないのよ!!何があったか言いなさい!』

舞は、やはり返事をしない。

舞の母『どうしても話せないの?あんたが悪いから?…違うんでしょ?それなら、
話してくれないと私も動けない。…そんなに親が信用できないの?

…もう少し考えて、落ち着いたら寄り添ってきなさい。

わたし以上の味方は、いないわよ。』

舞の母は、リビングに戻る。リビングには舞の弟の敬がソファに座っていた。

敬『母さん。姉ちゃんは?なんかしゃべった?』

舞の母『ダメね。』

敬『じゃあおれがきこーーーっと』

舞の母『やめなさい!面白がっているようにしか見えないのよ。アンタ、バカだし
女心をわかってなさすぎ。よりいっそう逆なでするわ』

敬『俺はあんま詳しく聞いてないけど、大変なんでしょ?まず話しできなきゃ
どーもできないよ。もともと家族につんけんしてる人だけどさあ。
そろそろ、強引に行ったほうがいいんでない?』

舞の母『性格を考えたら、冷静になるのを待つほうがいいわよ。』

敬『反抗期炸裂かよおー。姉ちゃんってば~~~。そういや父さんはなんて?』

舞の母『一応いったけど、役に立たないわよ、あの人は。』

敬『ふーん、まあそうか。今日も遅いの?父さん。…今日の晩御飯、何?』

母も、敬も、『父さん』の話題になると表情が暗く、冷たくなった。
母と敬の背中合わせの会話しているところをみると、どうやら
夫婦仲はうまくいっていないかもしれない。(まだわからないけど)

舞は部屋の窓から外を見つめていた。

激しく苛立つ。

なんでわたしが、あなたに寄り添わないといけないの?
そっちが寄り添ってきなさいよ!!

私が話さないのが悪いんだけど、言葉の端々から需要と供給の
不一致を感じて、ものすごく反抗心を煽られる。

舞(…窓、つめたくて、気持ちいい。)

冷静に考えないとな。

起こってしまったことはもう変えられない。とりあえず今、まずいのは

  • 私には豚を殴る正当な理由があったのに証明できないこと
  • 階段から悪意を持って落としたと思われていること

舞(あの豚…出荷されろ)

先生からの電話に出た母さんからの話では、
豚は自分に都合のいい話しかしていないみたい。

舞(あの豚…豚…)

舞は、階段の上で起きた出来事(豚とのキス)を思い出した。
思わず、窓を拳で叩きつける。

…無性に、胸が気持ち悪い。

雑念…いけない、いったん忘れないと。

悔しいが、ケガさせたのは事実だから、無実にはならない。
できることは理由づけによる、処罰の軽減。

けど、当日の豚の行動を証明できないし、
本人は嘘をついている。

となると、倉庫の件を状況証拠として、
私が被害者である可能性きちんと主張しておくべき。

近藤さんは既に言ってくれたみたいだし…。

舞はここまで考えて、なおも(言いたくない)と思う。

ものすごくいいたくない。

性的な嫌がらせについて話したくないというのもあるけれど、
言って、その先は?親が知るでしょ?
哀れみの目で、見るでしょ?
安心して!私が助けるわ!とかいうでしょ?母さんが。

どうにもこうにも、たまらなく嫌!

敵になるわけじゃない。むしろ、助けてくれるはずなのに。

信用できないわけじゃない。誰よりも私のことを考えてくれるはずなのに。

私は、家族に、特に母親に情はあっても『愛』がない。

端的に、すきじゃないから。

以上。

【傷だらけの悪魔】第164話を読んだ感想

う~~~~ん。。ひとことでいうと、
母と娘のコミュニケーション不足かなって思いますね。

私はまだ小さいけど娘が2人いるから、
舞の母の目線で見ちゃうけど…。

10か月もお腹の中に入ってて、
一生で1度か2度しかないような痛みに耐えて
産んだ我が子ですよ。

世界で一番、子供たちを愛してるに決まってるでしょ?

舞の母が、舞の部屋のドアをこじ開けて
抱きしめてあげてたら、
舞も少しは素直に話してくれたんじゃないの?

って思います。
弟が舞の母に意見したことを素直に実行してくれてたら。。
…弟と愛情の差があるように接してしまった、
母の責任かな~~~~~~。

舞も、舞の母も、妙に冷静なんですよね。
理屈ではそうだけど…って思うことがしばしばです。

舞の母の【寄り添いなさい】って言葉は確かに違和感ありました。

舞ちゃんに寄り添和なきゃいけないのは、母のほうですよね。
どうも、愛情の表現が『受け』っていうか…。。

舞から寄り添ってくれたら、私だって応えるわよ?

じゃなくって!

問題を解決するために、一緒に戦おうって言ってくれたら
舞ちゃんも素直になれるのにな~~って思いました。

第165話『葛西舞①』のネタバレ記事はこちらから読めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする