comico【傷だらけの悪魔】第235話~第237話をまとめてネタバレ!静VS伊藤

傷だらけの悪魔

こんにちは。睦月サラです。

この記事では、comico『傷だらけの悪魔』第235話~第237話のネタバレをまとめました。

一話が短くてわかりづらいので(批判じゃないですよ)、キリの良いところでまとめさせていただいてます。

皆で協力して、伊藤君を成敗☆大作戦。果たしてうまくいくのでしょうかね。

comico「傷だらけの悪魔」第235話 狂言

名取静は、かがんで蛾の死骸を観察していた。アリが蛾を分解して運ぶさまは地球の息吹を感じると笑顔で言う。

蛾はこの世を去っているのですが…。

伊藤と大倉は静の言葉に恐怖を感じていた。

静「珍しい組み合わせだね。葛西さんと一緒じゃないんだ?最近よく一緒にいるし、付き合ってるんだよね?だって静、見たもん。伊藤君が葛西さんにチューしてたの。」

場の空気が一気に緊張する。伊藤は大倉にもう帰っていいからと焦った。

伊藤「どういうことだ!!」

静「どーもこーも、見たんだよ。生チュー現場を。いとーくんが怪我した日。なんかおいかけっこしてたから、ついていったら、チューした!」

伊藤「…それ、誰かに言った?」

静「おかーさんには言ったんだけど、ゆりちゃんたちはあの後忙しそうだったから、言えてなーい。わかった!言っとくね!」

伊藤「やめろ!プ、プライバシ-…」

静「堂々とチューしといて、それはないよ。…ん?あれ?それならおかしいな。なんで付き合ってるのに、怪我したの葛西さんのせいにしてたの?ふしぎ。なんで?ふしぎ!何で?ゆりちゃんも当麻くんも、お互い大事にするよ?みんな葛西さんヒドイーってなってたんだから、嘘でも違う!っていってあげなきゃ。事故なんでしょ?ゆりちゃんだったら、うるさい!って叫んでるよ、きっと。彼女は大事にしないとだめだよっせっかくの奇跡なのに。」

伊藤は名取静と会話しようとしても徒労に終わる。なんでもいい、うまく丸め込まないとと思っている。適当に会話を合わせて、納得させれば言うことを聞くだろう、と高をくくっている。

伊藤「…わ、別れたんだ。」

静は伊藤の様子から、一瞬、不敵な笑みを浮かべるが、すぐに伊藤の会話に乗ってオーバーに驚いて見せた。

静「えっそーなのー?」

comico「傷だらけの悪魔」第236話 矮小

静「ってことは…振られたんだ?!弄ばれちゃったの?!憂さ晴らしにしては、捨て身~☆葛西さんてば、やけくそなの?!ひっどいなあこんないたいけなデヘデヘポンポコリンを!!」

オーバーにはしゃいだ様子と「デヘデヘポンポコリン」と言われた伊藤は、名取静は自分のことを嫌いなのだろうか?と呆気に取られている。

静「もー騙されたの気づかなかったの?浮かれちゃった?可哀想…捨てられるわ、足怪我するわ、初めてのチューは苦い思い出…。元気出して、伊藤君!!今回は勉強だったんだよ。ボロ雑巾のように捨てられたとしても、本人がボロ雑巾とは限らないよ。」

そういいながら、指先で伊藤君のおなかをぽよん、とはじいて見せた。

伊藤「え?なんでお腹つついた?お前それ、フォローなの?」

静「ミラクルって待つものじゃない。起こすものだよ。きっとまた、彼女出来るよ!」

静はキラキラとした笑顔で言い、伊藤に向かって右手の親指を立てて、ウィンクをして見せた。

伊藤は静と会話のキャッチボールができないことや、堂々と自分に失礼なことをいう静に疲れ始め、怒りがわいてきた。

伊藤(なんなの、こいつ…大体なんで僕が振られた前提なんだよ。なんでこんなバカにされなきゃいけないんだよ。なんで こんなやつまで、なんの疑問も無く僕を下にみてるんだ。どいつもこいつもムカつく。お前らの何がそんなに偉いっていうんだ。

屈辱だ!!

僕は、お前らが思うような、矮小な存在じゃないんだ!!)

伊藤「違う。僕が、葛西さんを振ったんだ。」

静「えええええええええーーーー!!どどど、どういうこと?」

伊藤「そこまで驚くか?!」

静「別れるのいやーっってだだこねてたんじゃないの?!」

伊藤「な、なんの話?!」

静「チューの日だよ。別れ話がこじれたんじゃなかったの?」

伊藤「あ、あれは…その…喧嘩!別件で喧嘩してたんだ!」

静「けんか…?!つまりこういう解釈でいいってこと?」

 

ここから、静の解釈劇が始まる。

~~~

伊藤君なんて、大っ嫌い!!

待って!!僕が悪かった…

そして仲直りのチューをした。

~~~~~解釈劇終了。

 

伊藤は静の美化された解釈にいたたまれない想いを持ち、改めて名取と話すとダメージを受ける。…いつも一緒にいる藤塚さんがすごい、という感想を持った。

静「ふーん。仲直り失敗したんだぁ。それでいじわるしたのぉ?いけずだよぉ~。」

伊藤「……それは、悪かったけど。僕も怒ってたから、謝れば、フォローするつもりだったんだ。」

静「ふーん。恋って複雑なんだね。」

伊藤は静が一応の納得した様子を見て、くぎを刺す。
事情を話したから、名取には誰にも言わないようにと。(もちろん優里亜たちにも)。

静が、おもむろに背中から伊藤の「化学資料集」を取り出し、渡した。

そもそも、最初は伊藤がなくした「化学資料集」を受け取るために静を探していたのだ。

伊藤「あ、ようやく…探してたんだぞ。…うわっ?!」

静から化学資料集を受け取ったが、伊藤が異変に気付いて落としてしまった。

化学資料集には、羽を蟻に分解された蛾の死骸が挟まっていたのだ。

comico「傷だらけの悪魔」第237話 参加

静「あーららっ。もう~落ちちゃったじゃんか。あぁ、ごめんねえ紛れてた。この蛾、羽がとれちゃってるんだよね。かわいそー。…可哀想でしょ?飛べなければ、もう貪られるだけなんだなんて。哀れだよね。羽をむしられた蛾は。」

へらへらとした態度から一変して、鋭く非難するような強い視線。静の態度に恐怖を感じた伊藤は何も言えない。

化学資料集を拾い上げ、伊藤に差し出した。

静「はい。もう蛾は、いないよ。」

慌てて受け取り、気持ち悪い、最悪だ、ふざけるなと悪態をつきながら伊藤はその場を離れていった。

伊藤と静の会話を、近くで録音していた生徒がいた。花房宏樹、花房宏子の双子の兄だ。

宏樹「ゾクっとしたわ。良い意味でも悪い意味でも。…俺、お前嫌だわ…」

静「えー!ひどい!」

2人が話しているところへ、宏樹の妹・宏子も物陰から出てきた。

宏子「私の出る幕がなくて何よりね。伊藤君が名取さんに危害を加えた時、助ける係よ。」

宏樹は、宏子が『作戦』に参加しているとは思わず、慌てていた。基本的には他人に興味がなく、割り切った性格の妹なのだ。

宏樹も静も、宏子のふるまいに『意外だ』と指摘した。

宏子「確かに、積極的に関わりたいとは思わないけど、何も知らずに巻き込まれて右往左往するのも嫌だわ。それに、黒木に頼まれたから、助けるわよ。普通に。」

宏樹は昔から黒木には優しい妹に複雑な気持ちを抱く。

そのころ、資料室では、「話し合い」が行われようとしていた。

詩乃、千翔子、千穂、唯が向かい合ってすわっている。

以上

まとめ

235話の冒頭にも出てきた『蟻に分解される蛾の死骸』は、

伊藤→蛾

蟻→舞と協力するクラスメイト達

の揶揄かなあ~という印象ですね。

235話~237話では、伊藤と静の話をまとめました。

静怖かったね…普段は天然っぽくとても賢そうには見えないのに、だれよりも賢く立ち回ることができる恐ろしい女の子ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です