comico【傷だらけの悪魔】第223話「許容」のネタバレと感想!唯の友達が舞の味方に!

こんにちは。睦月サラです。

この記事では、comico【傷だらけの悪魔】第223話のネタバレと感想を書きます。

第222話では、冷静に自分と状況を分析した伊藤は、逆に舞を挑発してきました。舞は怒りに震え、唯につかみかかったところ、唯の友達である涼と宏樹がいることに気づいていませんでした。

詳しくはこちらをご覧ください

comico【傷だらけの悪魔】第222話「無理」のネタバレと感想!伊藤君、ほんとに無理きもすぎる。

2018.11.09

傷だらけの悪魔 第223話「許容」のストーリー

舞、唯、涼、花房弟(宏樹)はカラオケに場所を移し、今までの状況を説明した。

話を聞き終えた涼と宏樹は、表情をひきつらせドン引きしている。

宏樹「伊藤キモっ!!ていうかキモっ!とりあえずキモっ!駆け抜けてキモ!!キモイ寄りのキモイ中のキモい!!」

舞「あっさり信じるなんて、黒木って意外に人望あるのねえ」

舞は淡々と語った。

涼「…葛西。ごめん。すまん…そこまで行く前に、止めることもできたはずだ。思うところはあったんだ。でも、人任せにして放置してた。目についていたのに、全然終わってないってわかっていたのに。発端は俺じゃなくても、助長したのは…」

宏樹「涼、お前のせいじゃない。」

舞「そうよ。ごめんとか言われても、アンタのことなんて眼中になくて気にしてなかった」

舞は左手を頬にあてて可愛らしく言い放つ。いかにも涼には興味がなさそうな様子だ。

宏樹「お前、その言い方っ」

唯「宏樹、気持ちはわかるがちょっと待て。葛西的に今のは、『涼のことは恨んでないから気にするな』だ。

葛西の言動はすべてツンデレと思わないと、腹が立ってやってられない。慣れろ。」

宏樹「面倒な女だな…」

舞「人を痛い子みたいにすんなよ!!大倉(涼)。…アンタに直接何かされた覚えも、クスクスされた覚えもない。だから別にいい。

でも、私は自分が受けたいじめを流せない。

必ず罰を受けさせる。そして、アンタも含めて、いじめを知っていた全員、私のことを忘れられないようにしてやりたい。

涼「…そうか。協力するよ。ここまで聞いて、何もしないわけにはいかない。」

唯「宏樹は?」

宏樹「…しょうがない。葛西にかかわりたくないけど、ハブられるのは癪だし心配だしな。唯、ち…栄は知ってるのか?小田切の企みが事実なら教えないと。

あいつ、小田切にべったりだぞ?栄は馬鹿正直だからすぐだまされるぞ。説得して仲間に引き…」

舞「そうだ!栄!黒木、アンタ栄に惚れてんだって?!」

唯は急な話題に動揺して、顔を赤らめた。

唯「な、なんでお前が!…なんだ、その顔…」

舞「照れ顔がキモイ…」

唯「はったおすっぞ。キモいとか言うな。」

気安いやり取りを見て、宏樹が涼に呟く。

宏樹「こいつら、いつの間にこんな仲良くなったんだ?」

唯&舞「仲良くない」

涼「息ピッタリじゃねえか」

宏樹「話戻すけど、栄には話をしたほうがいい。小田切と離さないとまずいぞ。なんなら、俺も一緒に行く。」

唯「…いや、俺が行く。絶対にこっちに引き入れる。」

以上

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

第223話の感想

大倉涼くんと花房宏樹が仲間に!!

大倉涼くんは、もともといじめをよく思っていなくて、担任の翠ではなく、問題を真に解決してくれそうな学年主任の先生に相談したり、当麻に注意したりしてました。

誠実な男子なので、舞の仲間になってくれてほんとに心強い!「協力するよ」って言葉が素直に信じられる…。

舞、お礼言えるかな?

今日はここまで!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です