comico【傷だらけの悪魔】第204話『武器』のネタバレと感想!静、3つのメロンパンをもって登場。

こんにちは。睦月サラです。

この記事では、【傷だらけの悪魔】第204話『武器』のネタバレと感想を書きます。

第203話では、唯が千穂に信用されるために本名を暴露したことを伝えました。千穂は仲間をとことん大切にする唯に心を揺さぶられます。

【傷だらけの悪魔】第204話『武器』のストーリー

『逃げてもいい』という唯の話に、納得する千穂。

千穂『そう…か…』

唯『あっ別にいなくなってほしいわけじゃないからな?!』

千穂『それは大丈夫だよ、わかってる。』

千穂は唯の気休めではない強い言葉に、心から力になってくれようとしていることを感じた。

唯『そういえば、葛西も心配してたぞ。』

千穂『葛西さん…あの…今計画はどうなってる?』

唯『進展ないよ。葛西も動揺してて伊藤の相手どころじゃないっぽい。最悪、今ある状況証拠だけで行くかも。その場合決定的なものがないから、伊藤の公の処分は望めないかもしれない。期限を延ばすか、計画を変更するか…その辺は葛西と話をするよ。』

千穂『わたし…自分がけしかけたのに迷惑を…』

唯『迷惑なんて思ってない。心配してるっていってるだろ。言葉を選びすぎて、逆に何も言えないみたいだけど。

思い通りにいかないからって恨んだりしない。お前は自分のことを考えろ。

お前がどういう結論を出しても受け入れるけど、一ついい?』

千穂『何?』

唯『もしもう戻らないなら、黙っていなくならないで。さよならくらい直接会って言わせてよ。…っていうのは、半分本音で半分嘘。…本当はきついこと言うようだけどさ。

これからも、よろしくって言いたいよ。

それじゃ連絡待ってる。またな。』

千穂(この人は…この人は。。)

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

唯は、千穂との電話を終えて、葛西に説明しなければ…と思案した。

唯が考えていること

後は近藤次第。…さて、これからどうするか考えるか。葛西にも…ちゃんと説明しないとな。独断だったし。

たぶんわかれば強く責めはしないだろうけど。

葛西本人に準備させたかったから伊藤を任せたが、手こずるなら最悪俺が…と思っていたのにもう難しいな。

今の状況で俺に葛西のことを聞かれても怪しいだけだろう。

それに近藤が欠けると、俺と葛西の間に波風が立つ。こうなっては思い切って他の人に頼るほうがいいかもしれないが…。

涼や宏樹は伊藤と普段接点がないし、俺とのつながりで不審に思われる上、葛西とのことを伊藤に根ほり葉ほり聞く理由がないし、2人の性格的に怪しい。

当麻に協力させると3つの条件とかでややこしいし、本人の素行から脅したと思われたり、藤塚が出てきて面倒になるかもしれない。

  • 葛西が一番望む伊藤の処分を行う為には、葛西にもう一段階頑張ってもらうか
  • 罪を暴いて正当に裁くのをあきらめ別の方法で陥れる方向にチェンジするか

妥協と忍耐が必要になるだろうな。

何か想定外の武器でもない限り。

昼休み中に宏樹たちに説明するのは無理だな。

涼の部活終わり待って、放課後かな…

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

昼休み。唯は担任の翠と本名をクラスメイトに暴露した件について話し合っていた。

一方で千穂の事件について行われたアンケートで、名前が挙がった生徒たちは順番に学年主任との面談があった。

 

萌菜『あー。ちょーうざいんですけどー!』

男子生徒『どした?つーかどこ行ってたん』

萌菜『先生から呼び出しよ。例のアンケートで名前が出たヒトを面談してるの。誰よお、あたしの名前書いたの!ひどぉ~い!』

男子生徒(まあ書かれるだろうな…)

萌菜『あっでも意外だったなあ。廊下に次の人が待ってたんだけどぉ、あたしと入れ違いに面談しに入っていったのが、小田切さんで。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

コンコン…

詩乃『失礼します。』

会議室だろうか。ソファセットがあり、学年主任の市川先生が座っている。

市川先生『座りなさい。』

詩乃の表情は至って冷静さを保っている。全く動じていない様子だ。

…*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

担任の翠との話し合いを終えた唯が廊下を歩いていると、静が待っていた。

静『くーろきくんっ。メロンパンあげるからちょっと来てー!』

以上。

 

感想

唯…千穂のことちゃんと名前で呼んでほしいです。

唯が千穂のことを『お前』って連発してるのがものすごく気になります。お前呼びを連発してるの203話からなんですよね~~。

唯の言う『想定外の武器』とは、静のことだろうな~~と思いました。

静にとって千穂は、優里亜と恵那の次に好きな人。

萌菜によってLINEのいじめに合っていた千穂を救ったのは静でしたよね。(正確には舞が静に入れ知恵して行動させましたが)

静は千穂を救いたいはず。

次週話の展開が進むことを期待します(#^^#)

萌菜もさりげなくいい仕事してくれましたね~~。詩乃も容疑者リストに入っていることをクラスメイトに広めてくれました。

萌菜は『いじめって楽しい』という悪いところが目立つ女の子だから、『いじめの材料はないかな?』っていうアンテナを常に張っているから時々鋭いのではと思っています。

シリアスにならないポップな感じなので今回は和みました(笑)

千穂ちゃんのLINEいじめの時は腹立ちましたけどね。

気になるのは詩乃の表情ですね…。

『自分が容疑者として名前が挙がることは想定内』とでも言いたげな冷静な表情です。ストーリーを用意周到に準備しているのでしょうね。

学年主任の市川先生相手に、どんな話をするのか超気になります。

作者さんのコメントは来週は『余地を残してほしい』をお送りします、とあります。

な、なんの余地??

静が詩乃を犯人と気づいていてこれから優里ちゃんとコテンパンにするよ?って唯に宣言して、唯が『葛西にもコテンパンにする余地を残しておいてくれよ』ってことですか?

あるいは、静が舞と千穂と唯が手を組んだことに気づいて、『静も小田切さんに一言申したいので余地を残しておいてほしい』ってことですか?

違いますか?すいません。

コメント欄で『メロンパンがみっつ?』っていうのを見て笑いました(笑)上手すぎて。

静ちゃん、おムネが目立っておりますww

今回はここまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です