comico【傷だらけの悪魔】第188話『感謝』。舞ちゃんが『ありがとう』?!なんか違和感w

こんにちは。サワです。

この記事では傷だらけの悪魔の第188話『感謝』のネタバレと感想を書きます。

舞ちゃんがものすごいかわいい顔でありがとうって言うのですよ…!

第187話では、舞の態度に怒った唯が怒鳴りつけました。

ぽかんと聞いているような様子の舞は、唯の言葉にどう反応を返すのか…。

 

【傷だらけの悪魔】第188話『感想』

舞は、過去を思い出していた。

舞はたった15年ほどしか生きていないけど、人って信用ならないものだと思わされてきた。

中学校(ちはる)でも、家庭(母親)でも…。私の期待と善意を裏切っていく。どこへ行っても本当の友人なんてできない。新しい場所でも期待していなかった。たとえ、小田切がいなくてもそう感じたと思う。けれど、私が今、この二人の申し出を受け動いているのは、それが揺らいだから。損得勘定だけじゃない。それぞれ理由はあるだろうけど、私に時間と労力を使い、私のことで思い悩み、危険を冒してくれたことがうれしかった。逆の立場ならありえなかった。私はそんなことできなかったと思う。

だから、私は信じてみたいと思った。気持ちが動いたのよ。

 

『ありがとう』

 

舞『ありがとう。』

千穂『葛西さん…。』

唯『…そうか、よく言えたな。』

舞『キモッ。お前何目線…?しかも笑った…!黒木が笑った…!』

唯『は?クララみたいに言うんじゃねえよ』

千穂『ぶっ…(笑い吹き出す)』

唯『もう行け、お前。近藤も5秒で笑いを止めろ。(舞に向かって)とりあえずこれからよろしく。』

舞『うん。』

舞は屋上を立ち去り、唯と千穂は屋上に残った。唯はまだ笑っている千穂をみて『まだツボってんの?クララ。』と返す。

千穂『ふふ。違う違う。黒木君、葛西さんのこと認めたんだなって。いくらでも関係性を変えられるって言ってたじゃない?黒木君自身が葛西さんと友達になろうとしてるってことでしょ?私、黒木君ってクールぶってる人だな~と思ってた。意味深なことをボソッといっていく…』

唯『お前ナチュラルに人をディスるよな。気を付けたほうがいいぞ。』

千穂『でも、だれにでも愛想を振りまかないだけで、仲間と澪止めたらちゃんと思いを伝えてくれる。叱るって嫌いなだけの人はしないよ。』

千穂は、いとこのみなちゃんを思い出して私ももっととことんぶつからなきゃいけないなと反省した。

その場を立ち去ろうとする唯を千穂は引き留めて言った。

千穂『あっ黒木君。ありがとう。気持ちを動かしてくれたじゃん。うれしかったよきっと葛西さんも。』

唯『好きでやったから。』

(俺としては、後々近藤が孤立しないように2人の間には情を持たせたかった…というのが大きいけど。腹が立ったのも変わっていってほしいのも本当。)

千穂『全部終わったら、黒木君ちで祝杯だね!コーラでやろう~~。』

唯『それは嫌だ。俺んち普段は汚いし、お前はいいけど葛西は入れない。

千穂は顔をつい赤らめて思った。

(黒木君って…考えずにさらっと言うな…それこそ気を付けたほうが…。)

 

以上。

 

第188話『感謝』の感想

第187話の唯の言い方があんまり好きになれなかったので、舞も同じだろうって思っていました。

舞が唯に心動かされて素直に『ありがとう』っていったことにちょっと違和感がありました。意外だった…しかもものすごいかわいい顔で舞が『ありがとう』って言った!!(笑)

唯『よく言えたな』

というセリフがいらっとしたのですが、舞が『キモッ!お前何目線?』ってツッコんでくれたので笑いに変わったのが良かったです。

ともあれ作戦会議が無事に終了していよいよ物語が動き出しますね。

作者さんコメントの『次回はきゃっぴるーんをお送りします』と読んで謎が深まります…何それ…。

まさか舞が?教室できゃぴきゃぴするの?伊藤君と?ww

次回も先読みすると思います(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です