ドラマ【アンナチュラル】第5話。中堂先生の闇が想像以上に深すぎる…ミコトとのタッグや六郎君の良心、名場面満載!!

こんにちは。サワです。

ドラマ【アンナチュラル】を見終えてまだ熱が冷めぬうちに、ストーリーと感想を書いていきます。

毎回、話しの展開が2転3転して濃いエピソード詰まりまくりですごく見応えがあります。

  • 中堂さんとミコトのタッグにわくわくした
  • 六郎君、週刊誌にネタ売ったけど…
  • 恋愛っぽくならない感じがものすごくいい

 

ドラマ【アンナチュラル】第5話『死の報復』のストーリーと感想

坂本(飯尾和樹)が辞めたことで、人材不足となったUDI。そのため、しばらくの間、中堂(井浦新)はミコト(石原さとみ)が率いる三澄班のサポートをすることに。

そんなある日、鈴木巧(泉澤祐希)という人物が、UDIに溺れてしまった恋人(鈴木カホ)の解剖を依頼しにやって来る。

海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自ら命を絶ったと判断したが、カホが◎◎などするはずないという鈴木は青森からはるばるUDIを訪ねてきたという。

早速解剖に取り掛かるミコトたちだったが葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。

なんと、鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだ遺体だったのだ。つまり執刀医のミコトは〇〇損壊罪という大罪を犯していたことに…。

アンナチュラル公式HPより引用

ミコトは『騙された被害者』としてお咎めなしになり、事情聴取を受けている間に、中堂先生が体を閉じて葬儀屋に返したという連絡をうけました。

中堂先生は、肺を返してませんでした。。

鈴木さんの恋人がどこで溺れたのか、どこで命を無くしたのか。UDIラボの目を欺きながら中堂先生の自宅で調べるミコトと中堂先生。

東海林さんや六郎君も巻き込み、ついに溺れた場所を見つけます。

しかし、目撃者の証言と、溺れた場所は離れていて矛盾が生じました。

目撃者の証言が間違っていないとしたら、だれが鈴木さんの元妻のふりをして目撃者の前で海へ飛び込んだのか…

中堂先生はいち早く矛盾と真犯人に気づき、鈴木さんに伝えました。

鈴木さんは恋人を心から愛していました。彼女が、人生のすべてでした。

鈴木さんの恋人への愛の深さは、同じくらい深い憎悪になったのです。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

中堂先生が鈴木さんに会いに行ったことを突き止めたミコトと六郎は、鈴木さんが向かったであろう恋人の葬儀へ急ぎました。

鈴木さんは恋人の親友が犯人だと確信しました。

彼女に包丁を突き立てました。

鈴木『なぜ?なぜ海へ突き落した?』

犯人『事故だったの。ネックレスを貸してといったら怒るから…どうして私よりあの子のほうが幸せになるの?私は悪くない!!』

ミコトと六郎君は鈴木さんに必死に呼びかけますが、鈴木さんは犯人の背中にに再度包丁を突き立てました。

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

中堂先生は、その現場を止めもせず、じっと見つめていました。

 

ミコト『どうして止めなかったんですか。』

中堂『人を〇したやつは、〇される覚悟をするべきだ』

ミコト『今そういうこと言ってるんじゃないですよ。鈴木さんの人生のことを言ってるんです。人を…』

中堂『思いを遂げられて本望だろう』

ミコトは、中堂が抱えている闇を話せという。中堂先生のいう『永遠の問い』に決着をつけようと。そしてUDIラボをやめてほしいと訴えます。

ミコトの『同情なんてしない…絶対に。』というセリフがその通りだ!!と思ったり、でもセクシーな中堂先生の詳しい過去もまだ知らないしと複雑な気持ちになりました。

第6話は東海林(市川実日子)の主役回♬

鈴木さんは間違いを犯しましたが、真犯人が一命をとりとめてくれてよかった。

しんどいラストでしたね。

中堂先生&ミコトのタッグを見ていてとってもいいコンビだわ~♪って思ってたのに、中堂先生やってくれちゃったよ…。

そして、六郎君。週刊誌に事件のネタ売ってたね…。お金は受け取ってんかったけど。

踏切のシーンで、ミコトのもとへ駆けつけたのかな~~と思うと萌える。

第6話は、東海林さんの主役回~~。楽しみです。

中堂先生こと井浦新さん出演ドラマ『リッチマン、プアウーマン』が31日間無料で見放題です。


まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です