【アンナチュラル】第4話『誰がために働く』。坪倉さんと藤塚真優くんの父子役に感動して泣いた…。

こんにちは。サワです。

2018/02/02放送のドラマ【アンナチュラル】第4話『誰がために働く』を観ました。

観終わって、サブタイトルの意味の深さに感動と『労働とは何か』を考えさせられました。

子役の『藤塚真優』くんの演技に泣いた…お金どうこうじゃなくて、子供が主役のお話なところがすごいよかった(ノД`)・゜・。

この記事では、

  • 子役の『藤塚真優』くんの演技力最高
  • お笑いコンビ『我が家』の坪倉さんの父役、すごいよかった
  • ドラマ『アンナチュラル』第4話のストーリーと感想
  • 『誰が為に働く』労働する意味とは?

について書いていきます^^

アンナチュラル第4話『誰がために働く』のストーリーと感想

ドラマ『アンナチュラル』第4話『誰がために働く』のストーリーはこちら

画像*坪倉さん、いい父っぷりだった…。

アンナチュラル第4話のストーリー

ある日、ミコト(石原さとみ)の母であり、弁護士の夏代(薬師丸ひろ子)がUDIに解剖の依頼にやってきた。

バイク事故によって、若くして命を落とした佐野(坪倉由幸)の事故の原因を究明してほしいという。

佐野には妻と子供が2人いたが、バイクの任意保険が切れていた上に生命保険にも加入していなかった。

子供2人を抱えて途方に暮れる妻・可奈子(戸田菜穂)を助けるべく、夏代がUDIに連れてきたのだ。 

バイクの任意保険が切れていた上に生命保険にも加入していない

って危険すぎる…。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン戸田菜穂さん綺麗でしたね。薄幸美女ってかんじ…。

アンナチュラル第4話続き
佐野が事故を起こした原因として考えられるのは3つ。
①佐野が勤めていた工場の長時間労働による過労
②乗っていたバイクの修理ミス
③かかりつけ医師による病気の見落とし
事故の原因次第で責任の所在が変わるため、原因究明は遺された家族にとっては重要な問題となる。

また、疑いをかけられた勤め先の工場長、バイク屋の店長、病院の弁護士がUDIにやってきて、醜い責任の押し付け合いをし始める。

中立公正な立場にあるミコトたちは解剖に取り掛かるが、佐野の意外な死因を発見してしまうことに…。

果たして、UDIは遺された家族を救うことができるのか?!

くも膜下出血が原因だったが、

裁判やお金のことが中心ではなく、佐野の息子(藤塚真優)がお話の中心にいたのがすごく面白かったです。

『(深夜まで働いていたのに)なかったことにされて、お父さんバカみたいだ。』

タイムカードの退勤記録をつけて、また製造ラインに戻り仕事する…。

残業手当も出ず、『今は、工場が大変な時だから』という思いやりでタダ働きをして家族との時間を犠牲にする仕事に意味はあるのか。

ここでも『誰が為に働く』というタイトルが刺さります。

坪倉父の『幸せになれ』っていう言葉がもう泣けてきちゃいます。お笑い芸人ってコントとかやるから演技が上手な人ほんと多いですね。

『にしむん』のマンホールが事故の原因のキーワードに

坪倉父がくも膜下出血を起こしたのは、事故の30日前に、バイクでスリップして転び、血管を傷つけたことが原因でした。

場所を特定するために、2000個もあるマンホールを確認するミコトとUDIラボの仲間たち、そして坪倉の息子役(藤塚真優)。

そこに工場長と工場で働く社員たちも確認作業に加勢してくれます。

坪倉の息子役(藤塚真優)が、『お父さんのいろんな話が聞けた。面白かった』と明るい笑顔で母に話した時、私もうるうるしてしまいました。

息子の学校の宿題の作文、『おとうさんみたいになりたくない』という一文が切なすぎてつらかったけど、きっといろんなこと書けるようになるね。

パリピ社長、むかついたわ…。工場全部で、社長と裁判でたたかうことになって、ミコトの母が燃えているという結末はすごくよかった。

何のために、だれのために働くのか?

六郎君『三澄さんはなんで働いているんですか?』

生きるため。

ミコトの回答がシンプルでかっこよすぎました。

夢なんてなくても、給料が入ったら服買おうとか、今日頑張ったからおいしいもの食べようとか…。

私なら、子育て頑張ってるから週末はパパにちょっと任せて私は銭湯でゆっくりしてこようとか(笑)

1日、1日、精いっぱい生きて日常を楽しむことが、生きること、幸せなことなのかなって思いました。

今回の『誰が為に働く』というタイトルはすごく考えさせられるお話でしたね。

 

そして、中堂系先生。第3話での喪服スーツ姿の色気にやられて画面に映るだけでドキドキしておりますww

第4話のストーリー
UDIに『お前のしたことは消えない、裁きを受けろ』と書かれた脅迫状が届く。

中堂(井浦新)は自分に宛てられたものだと言うが…。

葬儀屋の木林(竜星涼)を使って怪しい動きをしている中堂の秘密がついに明らかになる…!?

 

UDIラボに来る経緯が明らかになりました。

中堂系先生は、ある日身元不明だという女性の解剖をすることになりましたが、彼女は中堂系の恋人でした。

おええぇぇぇ…。衝撃的すぎる展開です。

第3話の裁判で、中堂系先生が言っていたことが心に刺さります。

『人なんてどいつもこいつも、皮をはげば、ただの肉の塊だ』

過去にある事件の容疑者として捕まったことがあるということだけわかりましたが、真相はどうなのか…。

 

六郎君、三澄さんの弟ポジションなことにがっかりしててかわいかった(笑)

次回、ミコトのエプロン姿が見えたので、六郎君はついにミコトの部屋でご飯を一緒に食べることができるのか?!

楽しみにしています(笑)

石原さとみさんと井浦新さんが出演しているドラマ『リッチマン、プアウーマン』が登録するだけで31日間無料!
また8の付く日(8日、18日、28日)に無料でもらえる1200ポイントで窪田正孝さん主演の『東京喰種』も無料で観ることができます!!

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です