スポンサーリンク

1~2才向けおすすめ絵本!『じゃあじゃあ、びりびり』擬音語や場面を繰り返す話を選ぶとハズレがない。

我が家は寝る前に、絵本の必ず読み聞かせをしています。

この記事では、1才の娘がだいすきな絵本を
ご紹介したいと思います。

傾向として、

いないいないばあなど、動物だけ変わって
やることは一緒のシーンを繰り返す話や、

擬音語が入ってるとハズレがありません。

さっそくご紹介しますね~~~。

スポンサーリンク

くっついた

読みながら、スキンシップも楽しい絵本です。

次女は象が好きなので、象が出てくると
『ぱおーーん』って叫びます(笑)

じゃあじゃあ、びりびり

赤ちゃんの鉄板絵本ですよね~。

今1才6か月の娘は、絵を見ながらひとりで読んでいます。

色もはっきりしていてわかりやすいし、

『かみ びりびりびりびり』など、擬音語が楽しいみたいです。

大笑いして喜びます♪

おばけがぞろぞろ

2才の時に長女が大好きだった絵本です。
4歳になった今でもだいすきですが(笑)

こどもってけっこうお化けがすきですよね。

『もものりくん、あそびましょ~~』と

いろんなおばけを誘ってぞろぞろと人間のこどものところへ
遊びに行くっていう単純なお話です。

【もう一回!もう一回!】と何度も読んでと
おねだりされてた絵本です。

おばけのコンサート

【おばけがぞろぞろ】みたいな不気味さはなく、

かわいいお化けがたくさん出てきて、みんなで楽器を弾いて
真夜中の森の中で歌って踊る、明るいお話の絵本です。

長女が2~3才の時に読んでいただいすきな絵本のひとつです。

【おばけぐも】がお気に入りでした。

ノンタン およぐのだいすき

ノンタンは定番ですよね。長女も次女も【およぐのだいすき】は
特別にだいすきなんです。

迷子になった赤ちゃんかめさんのおかあさんを

ノンタンとお友達たちが探しに行く話です。

大きなお魚が【たべちゃうぞ】とノンタンたちを追いかける
場面があり、娘たちは大盛り上がりです。

毎回ママが追いかけるハメになり、寝る前には向かないかも??(笑)

ゆっくとすっくシリーズ ねんねなんてもったいない?

寝る前におすすめ!

【ねないこだれだ】や【ねんね】は、
おばけが出てきて脅して寝かせる系ですがw

こちらの本は、いいこでねんねできたら、
『くるくるきらりんぴかぴかパワー』がもらえる

っていうプラス思考のお話なんです。

おばけもだいすきな娘ですが、魔法はもっとだいすき(笑)

ほかのシリーズ絵本もおすすめですよ。

へんなかお

盛り上がってしまうので、寝る前には
読まないほうがよいかも?(笑)

へんなかおで子供たちは大うけです。
一番最後に鏡シールがついていて、
へんなかおをうつして遊んでいます。

4才の長女も一緒に楽しんで読んでいます。

いかがでしたでしょうか?

お気に入りの本が見つかりますように♪
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする