comico【傷だらけの悪魔】第183話『行動』のネタバレと感想。舞と伊藤が組む?ついに舞の<反撃>が始まる!

こんにちは。サワです。

この記事では、comico【傷だらけの悪魔】第183話『行動』のネタバレと感想を書いていきます。

182話では、ひとまず事態を収めた舞だが、優里亜に対してはいまだに敵意を示しました。

そして、先生からの聴取に応じた舞は、余裕の表情を見せ、その後売店前で詩乃と出会い、言葉をかけた。

 

 

183話『行動』のストーリー

 

詩乃は舞の言葉に耳を疑った。

詩乃(ふざけんなって怒鳴りつけてやりたいけど、人がいる。落ち着こう。)

詩乃『…(お互いに干渉しないという舞の提案)それは、私が自発的に言うべきことで、あなたが言うのはおかしいと思う。それに、そうしてもいいとおもっていた私の気持ちを、踏みにじったのはあなたの方よ。』

舞『そうだけど、今の私は変わったの。もう一度、チャンスをもらえない?戦うって言ったけど、アンタは』

詩乃『図々しい。そんな勝手許されないわ。あなたも、私も。』

舞『ごめん。でも、そう思い込んでいるだけじゃないの?』

詩乃は舞に背中を向ける。

詩乃『しつこい』

舞『分かった。それが望みなら、戦う。私が招いた事態だから。最後まで付き合う。』

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

屋上では、千穂と当麻が話し合っていた。

千穂『…だから、デリケートな問題だから、本人の意向を尊重しただけよ。確かに許せないことはされたけど、事故とはいえ怪我させた責任とって治るまでサポートするって言ってたわ。』

千穂『…あからさまに、怪しんでいるね。』

当麻『当たり前だろ。(つーか、伊藤が一方的に落とされたっていうのは、やっぱウソかよ。)』

千穂『打算的なところもあるんじゃない。穏便におさめないと停学とかなったかもしれないし。』

当麻『……そうか。あと、お前は一体どうしたんだ?教室での件だよ。なんか雰囲気違ったし、あんだけキレてたのに、あっさり方針展開したしさ。何があったんだ。』

千穂(楽観的にとらえるほど、頭弱くないか…はあ、私って甘いなあ。当麻くん。これ、助け船だからね。)

千穂『勘違いしないで。女子として、当麻くんたちを軽蔑する気持ちは変わらないし、許してない。罰されないでいいなんて思わないことね。言われなきゃ、なあなあにするつもり?言っとくけど、後悔するよ?まあいいけど、せめて約束通り、邪魔しないでね。』

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

校舎裏で、舞と伊藤君が対峙していた。

舞はとてもさわやかな笑顔だ。しかし威圧感がある。伊藤君は舞の様子にビビリ、とても青ざめている。

舞『うしろもたれるか、そこの段差に座ったら?足悪いのに、こんなところに来てもらってごめんね。…私とお話しましょうか。』

 

以上。

 

感想

完全に舞のターンになりましたね。ここから反撃する舞をたくさん見て、スカッとしたい。スカッとジャパン(笑)

今回気になったのは、千穂のセリフですね。舞・黒木唯・千穂の3人で、いじめをなくし勝つ為の綿密な計画を立てているであろうという状況の中で、当麻君に助け舟を出したというセリフです。

千穂は、当麻が自分から白状して舞にきちんと謝罪すべきだと話していますね。

でないと、当麻にとって後悔する事態が待っている、と。たぶん当麻は優里亜の言いなりだから、自分から舞へ謝罪するなんてこと絶対しないでしょうね。きっと後悔することになる。私はそれが見たい。

伊藤君の予想外にキモチワルすぎる反応に戸惑ってた当麻ですが、もともと頭の悪い計画を立てたのは当麻ですからね。一度痛い目に合わないといけないかと思います。

それから、舞VS詩乃。

詩乃は、舞がうらやましくて妬ましいんですね。

  • 私(詩乃)と同じようにいじめを受けてるのに、千穂みたいな味方が現れて
  • 私と同じようにいじめを受けてるのに、舞はへこたれなくて
  • 私と同じようにいじめを受けてるのに、私みたいにリストカットしたり(正確にはしてましたが詩乃は知らない)、薬を飲んだりしてなくて…

舞の強さと賢さがむかつくのかな、って思います。だから意地になってますね。

今は、詩乃には千翔子がいるのにね。

自分みたいに壊れちゃった舞を見たいんだね。

してやりたくて、たまらないだけですね。

調子のいいクラスメイト達は、今は優里亜側についてますが今後の状況が変われば考えがコロコロ変わるんだろうなと(-_-;)

作者さまのコメントでは、『私と組みましょう』をお送りします、とあります。

舞、強いな。気持ち悪すぎる伊藤には私ならもう関わりたくないと思いますが、伊藤君と舞が組むんですよね、たぶん。

話の流れからして、当麻くんを成敗する準備ですよね。次週も楽しみです。

 

 

 

4 件のコメント

  • 被害者に対して加害者が羨ましいのねって;恐ろしい発想の持ち主ですね……普通は被害者にとって、加害者の事情は何の関係もないものですよ。
    相手が荒んでる時はいたぶられて、相手が後悔したら妥協を求められる……他人の一存で身の振り方を左右される理不尽、方向性は違えど今回舞が行った事は優里亜が舞にやっている事と同じです。
    これでは舞が優里亜を許さないように、詩乃も舞をますます許せないでしょうね。

    あなたみたいな人って、自分や自分の娘が便器に顔を突っ込まれても、相手の気分が変われば許せちゃうんでしょうか……大事な人がそんな目に遭ったのを想像して、それでも言えるなら対したものですが。
    まぁ自分には正直うすら寒いけど、どう思おうが個人の自由ってやつですね……。

    でもここ作品タイトルで検索しただけで引っ掛かるし、ネタバレの文字を掲げて、ここまで特定のキャラに偏向するのなら、ネタバレと感想を完全に分けるか、舞推しのお断りを入れて閲覧注意を促した方が良いと思います。
    舞可愛さからくるあまりの盲目なサイコさに、自分は何気にクリックしちゃってうっかり読んでしまい後悔しています。

    あと舞達が詩乃にやった事は普通に犯罪ですよ、自己完結の反省で謝った位で許される事ではなく、本来なら少年院送致が妥当です。
    それを本当に悪いとけじめをつけるのなら、暴行の事実を公にし、警察に赴き然るべき社会的制裁を受けてこそ、少なくとも道義上は更生への道が許されるものです。それを我が身可愛さで身内に秘匿しておいて反省も何も無いですよ、口先だけだと思われても仕方がない。

    無論私刑は論外です、それで舞へのイジメが看過されて良いものではありませんし、舞をイジメた連中も許されるべきではありません。
    詩乃はその点で手を誤りましたね、東京にいた時点でイジメの物的証拠を集め、かつての卑劣な舞達犯人を即座に警察に叩き出すべきだったのに……まぁ所詮マンガってところですかね。

    • 通りすがりさん
      コメントありがとうございます。こんなに長い文章を書くの大変でしたよね…。

      『被害者に対して加害者が羨ましいのねって;恐ろしい発想の持ち主ですね……普通は被害者にとって、加害者の事情は何の関係もないものですよ。』

      恐ろしい発想でしたか…。不快にさせてすみません。すぐに思い出せないのですが何話だったか詩乃が舞に『黙って病んでいけばいいのに!!』というセリフや、第128話を読んだ印象で書いたことなんです。
      どんな物語でも私は主人公を好きになる傾向があって『傷だらけの悪魔』も初期から舞の成長を183話まで見てきて好きになりました。

      そうですね~一言『舞推し』と次回から記載したいと思います。

      心から嫌いなキャラはいませんが…。優里亜も憎たらしいですが、友達を大事にする一面もあります。
      人間、白か黒ではなく、両方を持ち合わせていてグレーな部分もあるので、楽しんで毎週読んでいます。

      通りすがりさんをがっかりさせてしまったのでこちらのコメントは読んでくれないかもしれませんが、今回勉強になりました。
      貴重なアドバイスをありがとうございます。

      『まぁ所詮マンガってところですかね』

      そうですね。いじめというテーマはとてもデリケートな問題でありますが、私は『漫画』というエンターテイメントとして楽しんでいただけでした。
      しかし、文章を書いて伝える側として、もう少し意識を引き締めていきたいと思います。

  • 通りすがりさんが少し気持ち悪いです。
    私にとっては通りすがりさんの方が普通ではないように感じますので、偏った意見は気にしないで良いと思いますよ。
    毎週楽しみにしていますので、頑張ってください!

    • しのさん
      コメントありがとうございます^^『楽しみにしている』と言っていただけて本当に心からうれしいです♪♪
      漫画を読んでどう感じたかは本人だけの気持ちです。と思って好き勝手書いています。

      今週からは、しのさんのためによりよい記事を書けるよう努力してまいります(#^^#)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です