comico【傷だらけの悪魔】第177話『過去』。話が短すぎるッ!…ことはおいといて千穂の忌まわしい過去が明らかに!!

こんにちは。サワです。

この記事では、

傷だらけの悪魔の第177話『過去』の
ネタバレと感想をお伝えします。

 

 

第177話『過去』のネタバレ

千穂は黒木唯の家に呼ばれた。

 

千穂(き、…緊張する…いったいなぜこんなことに…。っていうか、部屋の大きさからみて1人暮らし??)

唯『そうだね。一人だよ。だから人に聞かれる心配はない。』

千穂『(心を)読まれた!じろじろ見すぎたか。』

唯『うち片親なの。親に男連れ込まれんの気まずいし。親戚の助けもあって、一人暮らしさせてもらってる。ああ別に疎まれてるわけじゃないよ。母さんは母さんで俺のこと超好きだから。』

千穂『そ…そうなんだ。』

唯『お前の覚悟を聞くよ。』

千穂は、取り返しのつかないことをしようとしていることを自覚していた。
自分のためとはいえ、血迷っている。友達でもない、ただのクラスメイトに忌まわしい秘密を明かそうだなんて。

…でも、この人(黒木唯)が大丈夫だと思うのはなぜだろう。

 

言いふらすような軽薄な人ではない。

それだけじゃなく私は、きっと望む結果が得られると思っている。

黒木君は、優しさを安売りしないが冷たいだけの人じゃない。

どう考えても、葛西さんのこと好いてないのに連絡してるくらいだもの。

好きな人たちのためなら労力を惜しまず自分を危険にさらす人だ。

目立つことを嫌がるから行動に実行力が乏しいけれど、
信用していないという言葉は、家に招いた時点で矛盾している。

ここで、千穂が突然『きゃーーー!!』とか叫ぶ可能性もあるんだから。

つまり、黒木君は心の底では私の提案を受け入れる気がある。

黒木君も本当は迷い、行き詰っているんだ。
私の言葉は届いている。

でも、慎重すぎるこの人は、保険が欲しい。

それなら、あとは、

 

迷いを打ち消す決定打を、

千穂が黒木君を信用しているという証明を、

この回りくどい意思表示に応えなくては。

 

千穂『…黒木君。●●年・江ノ本千穂・H市・誘拐で検索してみて。』

唯『…え?』

千穂『そのほうが早い。古い事件だけど、概要はわかる。いいからやって。』

●●年8月 H氏の8歳の少女が行方不明になった。

家族や警察の必死の捜索で、2日後に同市在住の男の自宅で保護。

逮捕された男は、『幼い女の子に興味があったと供述し…』

 

千穂『…その少女って、私。…そうね。幼い子供が誘拐されて身代金が目的ではない場合、何が目的か冊子はつくでしょう?そういうことよ。これが、わたしの秘密。』

 

以上。

 

感想

短い!!話が短くてびっくりした!!

でも話の内容の展開は濃すぎてつらい。

小さな子供だった千穂ちゃんがもし自分の子供だったらとか考えると
辛すぎて腹が立ちすぎて冷静でいられません。

 

今後の展開で気になるところは、

  • 伊藤、いつ出るんだってばよ?
  • 詩乃が千穂ちゃんの過去を知ってどう悪用しようとするのか
  • 千翔子は、詩乃が千穂ちゃんの過去を利用するのを止められるのか
  • 舞をはよ助けてあげて!!

ということですかね。

 

気になるのは、作者さんのコメント。

第178話では『ずるい、ごめん』をお送りします

とあります。

どういうことおおおお?!!

黒木唯が千穂ちゃんの過去を知っても、
舞のことで協力してくれないってことでしょうか。。

つらい( ノД`)シクシク…

 

 

早く舞が救われる展開を望みます。

詩乃、復讐はもう十分でしょ。

舞ちゃんは罰を受けたし、詩乃にも静にも謝ったよ。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です