スポンサーリンク

comico【傷だらけの悪魔】第171話『葛西舞⑦』舞の話の最終章。ちはるが号泣している理由が気になるが…

こんにちは。サワです。

この記事では、

comico【傷だらけの悪魔】第171話『葛西舞⑦』の
感想とネタバレをお伝えしていきます^^

スポンサーリンク

【傷だらけの悪魔】第171話『葛西舞⑦』のネタバレ

お話は舞のナレーションで始まる。

ちはるといてわかったのは、楽だということ。

ちはるは自分を世界の中心にできる人だから、
子供ばかりで成約だらけの教室の操作なんて難しくない。

いつの間にか千春に情報が集まっていて、支配されている。

嫌なことは人にやらせて、

楽しいことを見逃さない。

※すいません雑絵でwちはるです。

そして、ちはるのよいところは、
『側近』(舞)には、自分に準ずる待遇を認めること。

何もしていないのに、一目置かれる。

まるで、自分が優れているかのように錯覚できる。

ああ。

なんてきもちいい。

家に不満がある分学校で上位にいるのは、すごくうれしかった。

廊下でちはると舞が歩いている。

教師がすれ違いざまに眉をひそめてちはると舞を目で非難する。

ちはる『今日、帰りに坂道の裏にできたあそこ行こう』

舞『いいね』

すれ違いざまに非難の目で見てきた教師に対して
ちはるが教師の顔も見ずにいう。

ちはる『大人げないな~。すーぐ顔に出る』

…舞は思う。

敵(教師のこと)をつくることもあったが、
ちはるがいれば全然怖くない。

自分の能力では得られないはずの徳をしている。そうか、こうすればよかった。

人生は常に競争。

凡人の私は黙ってたら常にだれかに負け続け、
常に損をし続ける。

そんな私が地道に努力するより合理的によい待遇を受けるには、

ちはるのような人間を利用すればいい。

ちはるのように自らの力で、上位にいけるような特別な人間を。

舞は、ちはるのそばにいて少し嫉妬していた。
ちはるは、今までどれだけ私より得したんだろう。

分けてもらってもばちは当たらないわ。あまりに不公平よ。
家はもうあきらめたけど、学校でならまだ間に合うわ。

初めは純粋だった友情が狂っていった。

ちはるの期限をとって気を遣って過ごして。確かにいい思いはすることができた。

けれど時々、ふっとむなしくなる。

わたしって本当につまらない人間。

私(舞)は、何をしている?自分がとくしようとして人のために動いている。
私の意思は必要とされていない。

私の価値はどこに?私でなければいけないことは?

小田切のいう後々の言葉には、ぐうの音もでない。

『アンタハ、イテモイナクテモイイ ソンザイ ダッタノネ』

….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….

ちはる自身も、次第に私の扱い方が変わり、わがままになった。

わたしより栞のようが動くから、私は補助的だったけど

※栞とは、玖村(小田切)をいじめていた3人のうちの1人。

そんなちはるに従い、彼女を増長させたことが、
小田切(玖村)の県の一員だったのかもしれないな

…少し話がそれたが、とにかく私は、まともな友情すら失った。

それを無視して時間を過ごしているうちに、かつて親に対して
『中身を見ていない』なんて思っていたのに。

私は本当に中身がなくなっていた。

中身なんかないから、いてもいなくてもよくて

つなぎとめるものがないから、少し離れたらすぐバイバイ

誰にも泣きつくことができない…孤独だな。

小田切がまっすぐに舞に向かってくる。たくさんの感情を爆発させて。

舞の胸に空いた大きな穴を通り抜ける暇もないほど
小田切の恨みつらみの押し寄せる感情で埋まる。

小田切にとっては、私はどうでもよくなんてない。なんて皮肉。。

舞の回想がおわる。

舞は、ベッドでチカチカと光るスマホに目を向けた。

第171話『葛西舞⑦』終わり

第171話の感想

雑だけど舞ちゃん描いてみました。。

絶対コミコでは見せてくれない感じのカオで(笑)

第171話で気になったことは以下の通りです。

  • ちはるが激しい感情で泣いている理由
  • 舞ちゃんのスマホ、いったい誰から??

ちはるが号泣していた理由は…

第171話のコメント欄でちょっと気になるコメントがあったので
ご紹介します。

もしかして、詩乃自身が問題じゃなくて、
詩乃母とちはる父が不倫してたんじゃないの?
それをたまたま、ちはるたちがみてそれで、詩乃をいじめ始めたんじゃ…
それなら、篠がちはるのことを怖いけど、
舞ほど恨んでいないのも説明がつく。

以上 『傷だらけの悪魔』第171話のコメント引用

すごい予想だ…!!

ただ、詩乃の母が心の病気みたいだったのでそんな状態で不倫するか?
というところと、時系列がどうなっているのかわからないので
知りたいなあ…というところですね。

舞がちはるを利用しなければ…

今回の話で残念に思ったのが、
舞は家庭内でうまくいかなかったから、学校という外の場所で上位に立てることに
快感を覚えてしまって、ちはるとの『友情』を自分が楽するために利用したんですよね。

コスパのいい人生

にこだわる舞に非があるんじゃないかと…。
たぶんちはるちゃんも舞の態度に気づくものがあったんじゃないかなあ。

せっかくちはるが『あんた、かっこいいよ、まいまい』

って認めてくれて友達になったのに、
舞がちはるを友達ではなく『利用』して自分が優位に立つために
ご機嫌をとることに必死になってしまったから、
ちはるも舞を『配下』としか扱わなくなったんだですよね…きっと。

舞ちゃんのスマホは一体誰から?次回のお話は…

だれから連絡があったのかめっちゃ気になりますね。

今のところ『簡単チャット』でやりとりがあるオンリーワン君かな…。。

今回で葛西舞の過去編は終了になりそうです。
ちはるちゃんの号泣している謎があるけど、
これは詩乃(小田切)の過去編でやるのかな??

次回もたぶん、先読みしちゃうと思います…(笑)

最新!第172話『密事』のネタバレはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする