スポンサーリンク

グリーンスムージーは朝食がおすすめ!30代子育てママでも痩せる!!2㎏増加しても1日で元の体重に戻す方法

こんにちは。サワです。

週末は家族で朝から外出することが多いので
お昼は外食、夜はスーパーなどで総菜やお刺身を買って
お酒(私は夜だけ授乳があるため、オールフリーですがw)を楽しむ、
というのが毎週の流れです。

食事の支度をしなくて楽だけど、太る…!!Σ(゚д゚lll)ガーン

だからこそ、平日はほとんど毎日、
スムージーを続けています^^

この記事では、

  • 2㎏体重が増加しても、1日で元の体重に戻す方法
  • グリーンスムージーを朝飲むのがおすすめな理由
  • よく飲むグリーンスムージーレシピ

を、書いていきますね。

スポンサーリンク

増えた体重を1日で戻す
グリーンスムージーの飲み方のポイント2つ。

結論からいうと、やることはいつも変わりません。(;^_^A

  1. 家にある葉野菜とフルーツのスムージーを作り、朝食代わりに飲むこと
  2. 週末しっかり食べてしまった分、次の日のお菓子は我慢!!

これだけです。

昼食、夕食は腹8分目で普通に食べます。
夜でも、ご飯はしっかり食べていますよ。

私は、169㎝、50.5~50.9㎏がデフォルメです。

証拠画像☆体重公開(笑)

今朝(2017/10/16)は、50.9キロでした。
週末は大体53キロまで増えます(;^_^A

でも、次の日の朝グリーンスムージーを飲んで
その日のお菓子だけ我慢すれば、

体重は1日~2日で元に戻っています(#^^#)

体重で体形は計れない??

結論から言えば、イエスです。

特に、産後はもう…お腹周り、腰回りが
明らかに妊娠前と違っていて、やっぱり筋力トレーニングも
必要だよなあとは思います(;^_^A

でも、体重って一番管理しやすくてわかりやすい数値ですよね。

しかも、子供を育てながらのダイエットって
よっぽど好きな人じゃないとできないと思いません?

別にモデルを目指しているわけじゃありません。
健康的でそこそこおしゃれも楽しめる体形ならそれでいいのです!!

だから私は毎朝・毎夕、
大体決まった時間に体重を計っています。

朝食代わりにグリーンスムージーを薦める理由

朝食にグリーンスムージーをおすすめする1番の理由は、
楽で続けやすいから!!です。

3食、いつスムージーに置き換えてもいいのですが…。

もう少し詳しくお伝えしますと、以下の通りです^^

  • 朝からフルーツや野菜を摂ると気分がいい
  • 体が健康そうなものを欲していると感じてお菓子に罪悪感を感じる
  • 昼食や夕食は子供が一緒なので、自分だけスムージーだとせつない

朝からフルーツ・野菜たっぷりのグリーンスムージーを飲むと、
ビタミンとミネラルを補給して体が喜んでる!!って感じます。

お菓子を見ると、
(朝、せっかく体にいいものを摂ったしなあ)と罪悪感を感じるし、
不思議とそんなに欲しくなりません(#^^#)やってみて!

我が家は朝食をみんなでそろって食べる習慣がないので、
子供たちの朝ご飯を用意したら、

私はスムージーを飲みながら
長女のお弁当をつくったり洗濯や掃除をしたり
片手間で朝食が摂れることがメリットです。

お昼は、次女を連れて子育て支援センターなどで
お弁当を食べるし、

夕食は子供たちがおいしそうに食べてるのに、
自分だけスムージーで済ますのは切なすぎる(ノД`)・゜・。

子供と同じ時間を過ごすときは、一緒に楽しくご飯食べたいですよね!

無理せず、ずっとずっと続けていくことが、
妊娠中の体重管理・産後ダイエットで効果が出ます。

私がよく飲むスムージーのレシピ

  • ホウレンソウ 1/3束くらい
  • バナナ 1本
  • 冷凍マンゴー
  • レモン汁
  • 少量の水

  • 冷凍イチゴ
  • バナナ
  • トマト
  • 少量の水
  • レモン汁

  • チンゲン菜 1/4束くらい
  • バナナ 1本
  • 冷凍マンゴー
  • 少量の水
  • レモン汁

旬の柿やイチジクもおいしいです。

家にある葉野菜と旬のフルーツで
おいしいスムージーが作れます。

わたしが気を付けていることは、
赤い野菜や果実を使うときは、グリーンをいれません。

なんか食欲なくす色になるから……見た目大事です。

参考にした本はこちらです。

こちらの本が良かったところは以下の通りです。

  • グリーンスムージーのレシピが豊富
  • グリーンやフルーツの体にもたらす効果が書いてある
  • 写真がきれいで見やすい
  • グリーンスムージーの実践方法が具体的に書いてある

読んでいてワクワクします~~~^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする